予防医療について

About preventive health care

近年、獣医療も飛躍的に進歩しています。今まで治療の難しかった病気も治療が行えるようになりました。しかし、治療可能な病気も発見が遅れればそれだけ治癒も難しくなります。早期発見、早期治療、できれば病気にならないように予防していくことが何よりも大切なのです。
当院の治療方針は、ホームドクターとしてかけがえのないペットの健康管理のお手伝いをしていくこと、不幸にも病気になった時には、ペットとご家族に最適な治療を提供することです。
また、説明には十分に時間をかけていますが、よく分からなければ納得いくまで説明を求めて、積極的に治療に参加して頂きたいと 思います。宜しくお願いします。

当院の予防医療

わんにゃんドッグ

Health screening

わんにゃんドッグとは

人の医療では、定期検診やさらに詳しく検査する人間ドッグなどの予防医療が定着しております。
病気はある程度進行しないと自覚症状を表しませんので、人間ドッグなどで早期発見早期治療に結び付けることが大切とされています。

一方、獣医療では、フィラリアやノミなどの寄生虫予防や伝染病疾患に対するワクチン接種以外は、まだまだ浸透しているとは言えません。

当院では、フィラリア検査、ワクチン検査、ワクチン接種時に血液検査をしたり、定期的な来院をオススメし身体検査に努めたりしておりますが、それでも充分とは言えません。診えないところで、いろいろな疾患が発生します。

自分で症状を訴えられない、わんちゃん、ねこちゃんです。
「未病」の状態で発見するには、定期的な検査が必要ではないかと思います。
多くの方から「人間ドックみたいなのはないの?」とご指摘いただいております。
また、私も日々治療の中でその必要性を感じておりますので、わんにゃんドッグを設定いたしました。
ペットの健康管理、病気の早期発見、治療にお役立てください。

わんにゃんドッグのメリット

  • 血液検査・画像検査など各種検査で全身の健康状態を把握できます。
  • 病気が見つかっても、体力のある早期のうちに治療に入れます。
  • 具合が悪くなってから個別に検査するより料金的にもお得です。
基本検査項目
問 診

気になることや不安なことなど、お話しください。               

身体検査

体重、体温を測定し、視診、触診、聴診にて異常を確認します。

糞便検査

当日の便をお持ちください。便の状態を検査します。

血液検査

2mlの採血を行います。

血球検査

貧血、白血球と分画を検査します。

生化学検査

たんぱく質量、肝臓、腎臓、脂質、血糖値、電解質の検査をします。

心電図

心臓の異常を電気活動的に確認します。

X線撮影

胸部、腹部のX線撮影を行います。

オプション検査

超音波検査
心電図

心臓の異常を電気活動的に確認します。

X線撮影

胸部、腹部のX線撮影を行います。

血液検査
心臓血液検査

BNPを測定します。心疾患の早期発見、重症度判定ができます。

甲状腺ホルモン

犬で甲状腺機能低下、高齢猫での甲状腺機能亢進の検査をします。

腫瘍マーカー

ミッドカインを測定します。

猫ウイルス検査

猫エイズ、猫白血病、猫伝染性腹膜炎の検査をします。

アレルギー検査

食品や植物などのアレルギー検査をします。

簡易検査

アレルギーの有無を確認します。

92項目

アレルゲンの特定をする検査です。

わんにゃんドッグの流れ

STEP1 ご予約

お電話にて、ご希望の曜日と検査項目をお伝えください。
TEL 0565-71-2043

STEP2 当日朝

朝ごはんを食べさせずに、12時までにご来院ください。
半日入院、付き添いも可能です。

STEP3 検査

午前診察終了後、30分から1時間で検査を行います。               

STEP4 結果説明

検査説明は、後日報告書を作成し説明致します。

ノミ、マダニ、フィラリア予防

Fleas, ticks prevention

ノミ・マダニ予防

「カイカイしたら黒いゴマ粒がでる」「体を触ると凸がある」これは、ワンちゃん・猫ちゃんの体にノミ・ダニがいっぱいついているサインです。
ノミ・マダニは、かゆみや皮膚炎だけではなく、内部寄生虫など多くの病気を媒介し、時には死にいたることもあります。
もちろんノミ・マダニは飼い主にも大量に襲いかかります。犬猫、家族の健康のために、最低2ヶ月に1回(夏場は1ヶ月に1回)ノミ・マダニの駆除・予防をお勧めします。

春と秋がマダニ寄生のピークシーズン!!人にも被害を及ぼす病気も       

マダニのシーズンは成虫が多い春だけと思われがちですが、幼ダニや若ダニが多く発生する秋からが本番。
マダニは様々な病原体を媒介するので、犬バベシア症など命に関わる恐ろしい病気に感染してしまうことも。また、マダニが媒介でする感染症SFTS(重症熱性血小板減少症候群)など、人にも被害を及ぼす病気もあります。
夏が過ぎても気を抜かずに、定期的な予防対策を行いましょう。

ノミアレルギー性皮膚炎の恐怖

「ノミアレルギー性皮膚炎」は、猫や犬の体に寄生したノミに対してアレルギー反応が起きることで、発症する病気です。激しいかゆみや脱毛、肌荒れ、湿疹などが主な症状。
体をしきりにかきむしったり、噛んだりする行動があればこの病気の疑いがあります。かき傷から細菌感染症を起こして、悪化させてしまうことも。定期的な予防をお勧めします。

当院で処方しているノミ・マダニ駆除薬

商品名 ネクスガード
対 象 ノミ成虫、マダニ

お肉タイプのノミとマダニの駆除剤です。
即効性があり、寄生しているノミを6時間、マダニは24時間で駆除します。
薬剤を塗るのが大変、シャンプーを頻繁にする、ご褒美に食べさせたいワンちゃんには有効です。

商品名 フロントラインプラズ
対 象 ノミ成虫・卵・幼虫、マダニ、シラミ、ハジラミ

当院で一番使用している商品です。首の後ろ(舐められないところ)の皮膚に塗布します。ノミとマダニの寄生を予防します。

商品名 レボリューション
対 象 ノミ成虫・卵・幼虫、フィラリア、ミミヒゼンダニ
(耳ダニ)回虫、ヒゼンダニ(疥癬)

フィラリア予防も同時にできるノミ駆除剤。主にネコちゃんに処方しています。ワンちゃんでも、散歩に行かなくて内服薬が苦手な子にも使えます。

商品名 サーチフェクト
対 象 マダニ、ノミ成虫・卵・幼虫、毛包虫(アカラス)

マダニに対する効果を高めた商品です。スポットタイプ 投与には少し注意が必要です。
2015年で販売終了

商品名 コンフォティス
対 象 ノミ成虫、マダニ

内服タイプのノミ・マダニの駆除薬です。スポットタイプが苦手なワンちゃんに使えます。

商品名 ブラベクト錠
対 象 ノミ、ダニ

内服タイプのノミ・マダニの駆除薬です。スポットタイプが苦手なワンちゃんに使えます。

フィラリア予防

フィラリア症は、皆様ご存知のとおり、蚊が媒介する病気です。蚊によってもたらされた、フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して心臓に悪さをします。
フィラリア薬といっても、種類や料金は様々。ワンちゃんや猫ちゃんの健康を守ってくれるお薬をきちんと摂取しましょう。

初 期

軽度の心臓病と同じく症状はほとんどありません。

軽度~中度

元気・食欲がなくなり、咳がひどかったり、咳をする度に呼吸がくるしかったりします。

重 度

痩せてお腹が膨らんで来ます。
咳のひどさはフィラリア症中期より進行しています。

犬フィラリアの予防の前には、検査が必要です

感染してる状態で、予防薬を与えることは大変危険です!!

予防薬を投与する際には、犬フィラリアが寄生していないことを確認する必要があります。
また症状が分かりにくい犬フィラリア症の初期の診断には検査が不可欠です。

犬フィラリア成虫より産出されるミクロフィラリアが、犬の体内にいることを知らずに予防薬を飲ませた場合、一度に大量のミクロフィラリアが駆除されることでショック症状を起こし、最悪の場合は死に至ることがあります。

どんな検査をするの?

犬の血液を検査することで、犬フィラリアの寄生虫の有無を確認します。
現在は検査キットを用いて簡単に犬フィラリア抗原を確認することができます。

投薬を忘れたりすると、感染してしまうことがあります。

○投薬予定日を過ぎてから投薬してしまった。
○蚊のシーズンが終わったと思い、投薬をやめてしまった。
○最後の投薬を終えてから感染してしまった。
○家族同士お互いに薬を飲ませていると思って、投薬をされていない時期があった。

今年の犬フィラリア症予防を始める前に、
感染していないことを検査で確認することが大切です。

当院で処方しているフィラリア症予防薬

商品名 カルドメックチュアブルP
対 象 犬糸状虫症予防・消化管内線虫

犬の消化器官に寄生する回虫、鉤虫を駆除します。
嗜好性が高く、犬にストレスをかけずに投薬できます。

各種ワクチン

Various vaccine

当院では予防医療にも力を入れております。
獣医療の発達により動物の寿命は伸びてきています。
予防できる病気は積極的で集中的な治療が必要な事が多く、命に関わる事もあります。
その病気にかかると「予防をしていれば・・・」と飼い主様も動物も辛い思いをすることになります。
できるだけ多くのワンちゃん・猫ちゃんに病気を未然に防いでほしいという思いから、各種ワクチン接種をオススメしています。

京都微研 キャナイン-6Ⅱ 【犬用6種】

6種類の伝染病を一度に予防できる混合ワクチンです。

犬ジズテンパー

犬パラインフルエンザ

犬コロナウイルス
感染症

犬伝染症肝炎

犬パルボウイルス
感染症

犬伝染性喉頭気管炎

京都微研 キャナイン-9 キャナイン-9Ⅱ 【犬用9種】

9種類の伝染病を一度に予防できる混合ワクチンです。

犬ジズテンパー

犬パラインフルエンザ

犬レプトスピラ感染症
コペンハーゲニ―

犬伝染症肝炎

犬パルボウイルス
感染症

犬レプトスピラ感染症
カニコーラ

犬アデノウイルス
2型感染症

犬コロナウイルス
感染症

犬レプトスピラ感染症
ヘブトマディス

これらの病気は、いずれもウイルスや細菌によって起こり、単独感染しても大変恐ろしい伝染病ですが、さらに混合すると症状も重くなります。これらの伝染病を防ぐには、自己防衛機能を高める「ワクチン」の接種が必要です。
これらのワクチンは9種類の病気を予防するために極めて高い安全性と有効性を有するワクチンです。

猫用ワクチン

3種類混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎

猫カリシウイルス
感染症

猫汎白血球減少症

白血病ウイルスワクチン

猫白血病ウイルス
感染症

ワクチンの目的は病気の予防。
だから、元気な子にしか打てません。愛猫を取り巻くウイルスは、子猫だけでなく、成猫だって狙います。
大きな猫も小さな猫も、ワクチンは一生のお付き合いをお勧めします。

歯の健康について

About dental health

お口は健康ですか??

わんちゃんねこちゃんのお口の臭い、気になりませんか??
歯が変色していたり、歯肉が赤く腫れていませんか。

デンタルケアはとても大切です

人と同じように、犬や猫も口の中にたくさんの細菌がいます。犬や猫は人と異なり虫歯になりにくいですが、歯垢や歯石の付着により口臭がひどくなったり、歯周病を患ったり、さらには全身の健康に影響を及ぼすこともあります。
毎日のデンタルケアにより口腔内を清潔に保ち、歯垢や歯石の付着や、口臭、歯周病を予防しましょう。

できることから始めて毎日の習慣に

人と同じように、犬や猫も口の中にたくさんの細菌がいます。犬や猫は人と異なり虫歯になりにくいですが、歯垢や歯石の付着により口臭がひどくなったり、歯周病を患ったり、さらには全身の健康に影響を及ぼすこともあります。
毎日のデンタルケアにより口腔内を清潔に保ち、歯垢や歯石の付着や、口臭、歯周病を予防しましょう。

TEL 0565-71-2043

【診察時間】9:00~12:00/16:30~20:00【休診日】日曜日・祝日